NOAH BOOKのラッコのドラム時字通信

連投です。
目標1日3回!

さて、僕は何年かな コラムを書いているんです。
都内のスタジオ大手のサウンドスタジオNOAHが定期的に発行しているフリーマガジンです。
タイトルは『ラッコのドラム時字通信』
ドラムや音楽のことタイム感やリズムのことを「時」として、その手では触れられない事象を「字」でお伝えしたいと思って「ドラム時字通信」と名付けました。
通信社の時事通信にも掛けていることから、音楽の礎になる歴史や時事ネタも書きたいと思っているのです。
音だけでも書くことが沢山あるので、なかなか時事まで辿り着けていないので、そういったことはこのBlogで書こうかなとも思っています。

この、『ラッコのドラム時字通信』は、次回で25稿になります。
NOAH三軒茶屋店のスタジオでドラムレッスンを始めたのがきっかけとご縁で始りました。
最近では、WINDBLOWのラジオ番組収録でもお世話になっています。
綺麗で音も良く、スタッフの気配りと笑顔が素晴らしい、ここ三軒茶店はいつのまにかそれが伝統となっていますね。
過去、ステキなスタッフが多かったですからそういうことが伝わっていくことってとても嬉しいですね。
2016年はじめの寄稿の締め切りも決まり、これから構想を練ります。
今までにも沢山書いたので、興味のある方はのぞいていただけるとありがたいです。
URLを貼っときますね。
ネットでも観れますが、ご希望の方がいらっしゃったら、無料で郵送します。
アクセス欄にお名前と送付先をいただければ、ちょっと時間はかかりますがお送りしますよ。
送料手数料無料で送りますので、RACCOの活動を宣伝したり応援して下さい笑

RACCO 拝

参考URL
NOAH BOOK『ラッコのドラム時字通信』
http://book.studionoah.jp/mt/mt-search.cgi?blog_id=5&tag=ラッコのドラム時字通信